« 夏休み、洋書で英語力アップ | Main | 茂木健一郎氏が薦める英語勉強法 (六ヶ条) »

Monday, August 22, 2011

社会人になってから英語を身につけた人はどのように勉強したのか?

 
就職時には海外と仕事をするなんて考えてもいなかったのに、数年経ってみたら、グローバル化が更に進んで会社を取り巻く環境も大きく様変わりし、英語の習得が待ったなし、という予想もしない状況が起きている。こんな人がこのところ多いのではないでしょうか。
 
ユニクロに入った人も、楽天に入った人も、そういう方が多かったのでは。
 
でも、実際には、これまで、高度成長期も、バブルの頃も、その後の失われた20年の間も、きっと社会人になってから英語を身につけたという人が多かったはずなのです。
 
 
THE 21 (2011年9月号) ~社会人になってから英語を身につけた人はどのように勉強したのか?』 PHP研究所 ¥550
 
 
(出版社サイトより)
 
楽天やユニクロによる英語の社内公用語宣言から一年がすぎ、多くの企業にその意識が浸透しつつあり、これまで英語とは無縁ですんでいた人も、いつ会社から急にTOEICの点数を課されてもおかしくない状況に変わりつつあります。
その一方で、多くのビジネスパーソンからは、「学校卒業以来、ブランクがあるのでいまさら無理」 「忙しくて、英語学習にばかり時間を使えない」 「何度か挑戦したが、身につかず挫折した」という悲鳴も聞こえてきます。
そこで今月号では、忙しくて勉強時間がとれない社会人のための「最短最速勉強法」を紹介します。
今度こそ挫折しない、最強の勉強法が集まりました。
 
 
(目次から)

グローバルスキルとしての「英語力」の身につけ方
伝説のカリスマトレーダーが語る“ネイティブをめざさない”英語術
藤巻健史 
 
 
社会人のための「英語速習法」
 
社会人の英語はどこへ向かうのか?  
 
想定される場面のスクリプトを丸暗記する  陰山英男 
 
英語で伝える「中身」をロジカルに構築する  吉越浩一郎 
 
 
<第一部> 私の英語速習法
 
キャリアに直結するTOEICを目標にする  水谷弘隆
 
ノートに書き留めて実践で使って血肉化する 井谷健
 
教材を一つに絞りリスニングを重点的に訓練 森永慎一郎
 
仕事に必要な単語や表現に範囲を限定する 金田博之
 
海外ドラマのDVDで使える英語表現を吸収 南谷三世
 
TIMEとNEWSWEEKをむさぼり読む 青山静子
 
好きな映画やコピーから使える表現を学び取る 垣花創
 
 
<第2部> 「使える英語」が身につく勉強法
 
レベル別「TOIEC」最適勉強法(初級~400点、中級400~700点、上級700点~) 中島正博
 
効率的に実力をつける「最強の英語学習プログラム」 土屋雅稔
 
ビジネスマンのための「NHK英語番組」入門 竹村和浩
 
「英語学習」が楽しくなるブックガイド 
 
 
<第3部> プロが教える「デジタル英語勉強法」
 
いつでもどこでも学べるデジタルモバイル活用術 松本秀幸
 
現場で活躍するビジネスパーソンの英語勉強法 
 
いま注目の英語教材
  
 
 
 
THE 21 (2011年9月号) ~社会人になってから英語を身につけた人はどのように勉強したのか?』 PHP研究所 ¥550
  
 
 
 
(ところで、この雑誌の出版社、PHP研究所って、かの松下幸之助氏(パナソニック創業者)がお始めになったってご存知でしたか?)
 
 
 
 
 
関連記事: 海外経験ゼロでも「英語ができる人」はどのように勉強したのか? 
 
 
 
 

|

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79279/52578804

Listed below are links to weblogs that reference 社会人になってから英語を身につけた人はどのように勉強したのか?:

Comments

Post a comment